トップページ ›部品実装について

お問い合わせ

お問い合わせ・対応事例

初めてのお客様はこちら

ご注文から商品到着までの流れ

はじめての当サイトをご利用の方へ、ご注文から商品到着までの流れを分かりやすくご説明いたします

ご利用にあたって

  • よくある質問
部品実装について

試作実装を行うための条件

基板実装試作をスムーズに行うために下記の内容をご理解の上ご依頼くださいます様お願い致します。

部品支給

  • 試作実装用の電子部品供給については部品構成表と支給部品の名称が必ず一致する様明示の上ご支給ください。
  • 支給部品について変形・梱包による破損などが見られる場合は使用を停止する事が御座います。
  • 支給部品に酸化、変色等異常が見られる場合は使用を停止する場合が御座います。
  • 機械実装の場合、マウントプログラム調整のため支給部品を数個または数十個の単位で損失する場合が御座います。
  • テーピング部品支給の場合はテープフィーダーセット時に必要なトップテープを300㎜程度保持したものをご支給ください。
  • 必要数支給の場合、予備部品を各2個以上5個以内でご提供下さい。

※万一ご支給品にて部品の不足が生じた場合は、予めご報告の上その対応を決定させて頂きます。

資料提供

  • 資料提供は(ロケーション表・支給部品明細(数量記載)・部品レイアウト図・実装指示資料)をご用意ください。(データ提供でも構いません)
  • 機械実装をご希望の場合は(実装部品座標データ・メタルマスクデータ)のご提供は必須となります。
  • リフロー半田付における希望温度プロファイルなどがあれば予めご提示ください。
  • 基板上にシルク表示の無い場合、実装指示レイアウト図に必ず配列の判る図面を提示ください。
  • 特殊部品・試作部品等の実装を行う場合は予めデーターシートの提供をお願い致します。
  • 提供資料により解読・認識の出来ない場合はご依頼をお断りする場合がございます。
  • その他、製造上の注意事項等あれば予めご提示ください。

製造条件

  • 部品実装半田付に関しては、当社製造条件に基づき製作させて頂きます。
  • 製造条件に係わるご希望の条件等あれば予め文書・資料によるご指示をお願い致します。
  • メタルマスク制作には実働2日間(土・日曜日除く)が必要です。
  • 製造必要機材・資料の準備が整った段階より加工リードタイムの起算となります。

注意・留意事項

  • 電子部品半田付に関して特殊部品など当社製造設備にて対応できない場合がございます、ご提供資料にて判断できない場合は現品確認の上、対応可否のご連絡をさせて頂きます。
  • 一品種に対して部品点数3000点以内の製品は通常納期(2日間)にて出荷対応致しますが、部品品種、特殊部品など多数の場合はご相談の上、対応させて頂きます。また、複数製品が同時に製作が必要な場合も各々の納入予定をご相談の上、対応させて頂きます。
  • COF・フリップチップASSYなどの製造は行っておりません。
  • 製品納入時の包装・梱包はご指定無き場合は当社判断により充分配慮した梱包で出荷発送させて頂きます。
  • 製造上、当社不注意においてご支給部品等を破損した場合はその代金を実費または相当額で補償致します。

製作能力

  • SMD機械実装の場合、最大10,000点までの搭載は通常納期で対応致します。
  • DIP部品(手挿入半田)の場合は最大2000点まで通常納期で対応致します。
  • SMD手載せ実装の場合、最大3,000点までの搭載は通常納期で対応致します。

※但し、基板は搭載する電子部品のメーカーが推奨する半田付パッドなど設計基準に基づいて構成されている事を条件と致します。
※上記製造時間は必要部材、生産機材準備が整った時点からの起算(営業日)となります。
※一機種あたり100品種を超える製品の場合の納期は応相談とさせて頂きます。

技術面

  • 部品実装条件は当社製造条件に基づき判断の上、設定を致します。
  • 製造条件等ご希望の内容が御座いましたら予めご提示をお願い致します。
  • リフロー半田及びフロー半田は当社標準プロファイルを基に選定し採用致します。

※必要な方はご依頼ください。(標準温度プロファイル)

品質基準

  • 半田付基準は当社の設定する『半田付基準書』に基づき製造、検査したものを標準と致します。
  • 試作実装にて完成した製品は電気的検査確認等は行いません。
  • 半田量、半田付強度に係わる計測等は行いません。
  • 検査基準・電気的確認をご希望の場合は予めその内容をご提示ください、内容により有料での検査となる場合が御座います。

※必要な方はご依頼ください。(半田付基準書)

メタルマスク製作

  • 当社の製作するメタルスクリーン版はその板厚、開口寸法等を当社製造経験から判断し製作させて頂きます。
  • 機械実装用マスク製作の場合は、外形枠サイズを550×650㎜を標準としております。
  • 簡易マスク製作については、製作した簡易マスクはご提供する事は出来ません、またそれらの簡易マスクは一回のみの使用にて廃棄致しますので予めご了承くださいます様お願い致します。

※メタルマスクは製造後お客様へご返却させて頂きます。

お問い合わせはこちら