トップページ ›基板・リピート製造

お問い合わせ

お問い合わせ・対応事例

初めてのお客様はこちら

ご注文から商品到着までの流れ

はじめての当サイトをご利用の方へ、ご注文から商品到着までの流れを分かりやすくご説明いたします

ご利用にあたって

  • よくある質問
基板・リピート製造

リピートでも特急です

短納期、高品質は当たり前。
中ロット対応、フレキ低価格も当社の売りです。

当社では製造ラインの容量も大きく、中ロット品も短納期で仕上げることができ、 基板製造に必要な設備をすべて揃えておりますので、社内一貫生産による短納期対応が可能です。 またフレキ基板については、従来は金型で加工するカバーレイや外形をNCマシンで加工することで、イニシャル費削減大幅な納期短縮が実現しています。

通常リジット基板(片面・両面・多層基板)

片面、両面基板はもちろん、多層基板は最大28層までの実績があります。 片面、両面基板であればご注文日の即日出荷、多層基板であれば最短でご注文日の翌日出荷も対応しております。ハロゲンフリーや高Tg材も常備しておりますので、様々なご要望にお応えできます。
また、大容量の銅めっき装備や真空プレス機を所持しており、中ロットの短納期対応も可能です。DI(直接描画装置)を使用することによる、ファインパターンも得意としております。

フレキ基板(片面・両面フレキ基板)

硬質基板製造のノウハウを活かした工法により、金型を使用せずにフレキ基板を製造することが可能です。 このことにより、初期費用の大きなコスト削減と納期短縮が可能です。
もちろん小ロットから中ロットまで、金型による加工も対応しておりますのでお客様にとってより良いご提案をいたします。 インピーダンスコントロールやファインパターンにも対応しており、さまざまな厚みの材用を所持しており、多種多様な用途への使用をご提案できます。

中ロット(500~2,000枚)に悩んでいませんか?

中ロット製造の短納期が設備稼働率100%により実現できます。

当社は小ロットはもちろん、中ロットの試作や中量産まで、容量の大きい設備を備えておりますので、短納期で製造可能です。
急なご依頼でしかも数量が多くとも、その容量の大きい設備の稼働率が100%だからこそ、問題なく対応できます。 製造方法は試作基板と同じですので、量産工場のようにイニシャル費が極端に高くなることもございません。

他社との比較

一般の試作メーカー様では工場のキャパが追いつかず、中ロット製造のご依頼があった際に外注に委託するか、製造自体をお断りされることがあります。 また、量産メーカーに依頼しても、納期が大きく遅れたり、イニシャル費が高くついてしまうことがございます。 当社は、中ロットであっても問題なく製造ラインに入り、工場のキャパも大きいため、試作と同じラインで製造しますので、短納期対応が可能です。

一般の試作メーカー様と比較をしても、当社では安価で試作もリピートも行えます

量産メーカーと比較しても500枚~1,000枚であれば、トータルコストが安価かつ短納期で製造可能です。 価格では量産メーカー様に劣りますが、2,000枚となりますと、納期については格段の差があります。

拡大して見る>>

※上記は新規の場合です。
※当社一式価格には、フィルム代、版代、NC編集代、チェッカー代を含みます。(ただし、量産メーカーのイニシャルには、さらに金型代とチェッカー冶具代が含まれております。)※上表は150mm×150mmの貫通4層基板を制作すると仮定した場合の金額、及び納期テーブルです。

リピートのお問い合わせはこちら